青汁で手軽に健康管理

青汁の味や気になる効果とは?

女性 疑問

ドラッグストアなどの健康食品売り場、青汁の棚の前であれこれ手にとって考え込んでいる人を見かけます。
青汁と言っても値段はピンからキリまで、一月分で300円代の物もあれば、値段がその10倍もする物もあり、それなりに悩みがあって始めてみようかと思う物だけに、その効果も期待したいし、味も気になるところ…。
苦くて飲みにくそうな青汁はためらってしまいますよね。
実際、青汁にはどんな効果があるのでしょう?

青汁を飲むだけで便秘が解消できる!?

青汁 便秘

青汁を飲んでいる人のお悩みは、野菜不足や便秘。
特に便秘は薬に頼ると止められなくなるのでは?と思ったり、腹痛や下痢など起こすので使いたくないという方が野菜汁という健康的なイメージや、食物繊維で便秘が解消出来るという話に惹かれて始めてみようと思うようです。
もっとも、健康食品ですから商品には便秘が解消されます、といった効能効果は明記できないのですが、テレビや雑誌でよく取り上げられてよく知られていますよね。
便秘の原因にはストレスや運動不足といった食生活以外の事も多いのですが、実際、食物繊維の不足も大きな原因となります。
青汁に含まれる食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、後者は便のかさを増やして排出を促してくれる効果があり、食の細くなったお年寄りや病気で寝ている事が多く、便意を感じにくくなった事が原因で起こる便秘には効果が期待できます。
水溶性食物繊維も大腸の善玉菌のエサとして善玉菌増加に貢献し、腸内環境を整える手助けをしてくれるので結果、薬ほどの即効性は無いにしろ続けていれば根本的な便秘解消に一役かってくれそうです。

毎日の青汁生活で手軽に健康管理

青汁 豆乳

青汁と一言に言っても、材料となる野菜は商品によって様々。
大麦若葉やケールなどもよく使われていますが、中でもビタミンやミネラルのバランス、含有量が群を抜いて多い明日葉の青汁というのを飲んでいました。
味は、水やお湯で飲むとやはり青臭く、苦味も多少あって美味しいとはいえませんが、これが緑茶に入れるとほとんど気にならず、子供でも美味しく飲めていました
ペットボトルのお茶に入れると、粉末ですが溶けずに底に溜まるので飲む時は振ってから飲んでいました。
私は豆乳に混ぜて飲んでも美味しく飲みやすいので3年程飲んでいました。
もともと便秘の悩みがあるわけでは無かったのですが、朝は食事を食べる前からスッキリ出来るようになり、お腹の調子はとても良かったです。
驚いたのは飲み始めて一月経った頃、周りからも言われるほど肌の調子が良くて、腸内環境の大切さを実感しました。
腸内環境が悪いとミネラルなどの吸収も悪くなると聞きますし、便秘も慢性化してしまうとなかなか治りません。
出来ればそんな事になる前から毎日の食生活に青汁を取り入れたいもの。
今は青汁も抹茶風味など、美味しく飲みやすく工夫されたものが沢山出ています。
青汁で手軽に健康管理を始めることをおすすめします。